京都市、内田洋行と連携して、教育AIの開発・実証研究を開始します

緒方研究室では、京都市教育委員会、株式会社内田洋行と連携して、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構による「人と共に進化する次世代人工知能に関する技術開発事業」の実証研究を、11月より本格的に開始します。

本実証研究では、「LEAF システム」を基盤に、学習行動から説明生成を行う AI エンジン「EXAIT」を開発するとともに、学校現場での実証研究を行い、データに基づく学習効果を検証します。

■ 京都大学・京都市と内田洋行、教育AIの開発・実証研究を開始
https://www.media.kyoto-u.ac.jp/accms_web/news/2204.html  
※広報発表資料(PDF)
https://www.media.kyoto-u.ac.jp/accms_web/wp-content/uploads/2020/11/Press_release_20201110.pdf