京都大学学術情報メディアセンターセミナー『ラーニングアナリティクスによるエビデンスベースの教育の実現に向けて』参加報告

緒方教授が2018年6月22日(金)に京都大学で開催された学術情報メディアセンターセミナー『ラーニングアナリティクスによるエビデンスベースの教育の実現に向けて』にて講演を行いました。32名の方にご参加いただき、また、ミシガン大学(SoLAR学会会長)の Stephanie Teasley 氏にも講演いただき、教育ビッグデータの分析(ラーニングアナリティクス)に関する研究について参加者の皆様を含めて広く議論を行うことができました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。