チリ大学から先生方をお迎えし講演会を開催

7月14日(金)、京都大学学術情報メディアセンターにて、チリ大学のNelson Baloian教授、Gustavo Zurita准教授をお迎えし、講演会を開催しました。
Nelson Baloian教授は“Supporting Lecturing in Big Classrooms with Technology”について、また、Gustavo Zurita准教授は”Authentic Assessment Between Peers in Online Courses with a Large Number of Students”を、それぞれテーマに講演され、学生を含めた参加者たちと和やかに交流しました。