Join us

近年の情報技術の発達により、e-Learning等の「教育の情報化」が急速に推進されています。例えば、紙の教科書の代わりに、タブレット端末で電子教科書を使って勉強したり、先生が出席やテストをコンピュータ上で行うようになると、どのような情報技術による支援が必要になるでしょうか?また、それらを用いると、教育環境や学習環境は、将来どのように変わるでしょうか?
緒方研究室では、人々の「学び」や「教育」を支援するための先端情報技術ついて研究しており、LET(Learning and Educational Technologies)研究ユニットを主催しています。キーワードとしては、教育データサイエンス、ラーニングアナリティクス(学習分析)、ユビキタス学習、モバイル学習、インフォーマル学習、シームレス学習、協調学習、知識創造支援等の研究を行っています。 現在、我々は、「ラーニングアナリティクスを用いた教育改善・学習改善」、及び「ライフログを用いた協調学習環境」の研究を推進しています。このような研究を通じて、未来の学習・教育環境を創造しています。

本研究室は、オーストラリア、トルコ、クロアチア、フランス、レバノン、スーダン、カザフスタン、インド、ナイジェリア、中国、台湾、ブラジルなど10か国以上の海外の留学生や研究者が在籍しています。アメリカ、ドイツ、チリ、香港、台湾など海外から本研究室を訪問される研究者も多く、国際色がとても豊かです。このような多様性に富んだ研究環境の中で、日々活発に議論しあい、楽しく研究に励んでいます。

研究者募集

教育データ科学は、情報学、教育学、学習科学、認知科学、脳科学、心理学等の異分野からなる学際の研究領域です。また、教育や学習の対象として、語学、物理、数学などの領域があります。このように様々な分野の研究者の方々のご参加を心よりお待ちしております。

学生(大学院)募集

緒方研究室の学生さんは、京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 教育情報学講座に配属します。現在、以下のような学生さんを広く募集しています。社会人学生の方も大歓迎致します。修士課程及び博士課程の入試情報は、京都大学大学院情報学研究科(こちら)にあります。

  • 人の行動を観察することが好きな人
  • モバイル情報機器や無線通信などの新しい情報技術の応用に興味ある人
  • 新しいアイデアをソフトウェアとして実現したい人
  • 研究のアイデアを実際の教育現場に適応した、実践的な(実用的な)研究に興味・がある人
  • 教育・学習活動におけるログデータの分析や可視化に興味がある人

当研究室では、こんなことが学べます。

教育情報システム設計方法、データ分析・可視化手法、インタフェースの設計、行動のモデル化手法、システムの評価・分析方法、論文執筆・ライティング手法、プレゼンテーション技術、PHP、Java言語、C言語、HTML5などを使ったウェブプログラミング、iPhone/Androidなどのプログラミング等。

緒方研究室配属スケジュール

以上、ご興味がある方はこちらまで→ contact[at]let.media.kyoto-u.ac.jp  ( [at]を@に置き換えて)ご連絡ください。
メールを送る時には、研究室HPに掲載されている論文をいくつか読み、研究計画(A4 1ページ)と履歴書を送って下さい。

ここに書かれていないことでも、当研究室にご質問及びご興味があれば、お気軽にメールしてください。研究室への訪問も大歓迎です。なお、大学院入試の出願に際しては、当研究室へ訪問し、事前に緒方教授の了解を得ることが必須です。